+44-20-3695-1294 (ID:288445)
Not a customer yet? Sign up now!

HomeBlog【WordPress(ワードプレス)の使い方講座】アフィリエイトサイトの作り方の基礎基本

【WordPress(ワードプレス)の使い方講座】アフィリエイトサイトの作り方の基礎基本


WordPress(ワードプレス)の使い方・始め方を解説していきます。 ドメインの設置、SSL化設定、WordPressのインストール、初期設定、WordPressの使い方を紹介します。 各ドメイン会社、レンタルサーバー会社ごとに細かく説明していきますので、自分が見たい個所を下の目次から選んで視聴していただければと思います。 ドメイン会社にはたくさんの販売会社があります。 KYOKOがおすすめするのはムームードメインかお名前ドットコムです。 まずはどちらかを選んでおけば間違いありません。 ドメインを取得したらレンタルサーバーに設置していくことになりますが、レンタルサーバー会社も複数あります。 レンタルサーバーを契約する上で、以下の4つの点を満たしているものを選ぶようにしてください。 【レンタルサーバーの選び方】 ・MySQLの数が無制限(もしくは50個くらいのもの) ・ディスク容量が100~200GB ・マルチドメイン数が無制限 ・WordPressの自動インストール機能付き ドメインを取得してサーバーに設置したら、いよいよWordPressをインストールして使っていくことになります。 WordPressをインストールしたら、最低限以下の設定・作成をしておきましょう。 ・WordPressをSSL化されたURLに変更 ・テーマの変更 ・運営者情報の作成 ・サイトマップの作成 ・プラグインの導入 今回の動画を参考にしてもらえれば、WordPressの基本準備は一通りできます。 サイトの準備が整ったら、どんどんアフィリエイトサイトを構築していきましょう! ▼目次▼ 01:06 独自ドメインとは 05:16 エックスサーバーに設置予定のドメインをお名前.comでドメイン取得 06:08 ヘテムルサーバーに設置予定のドメインをムームードメインで取得 07:53 ロリポップサーバーに設置予定のドメインをムームードメインで取得 09:02 ネームサーバーとは 10:37 お名前.comでネームサーバーを変更 11:44 ムームードメインでネームサーバーを変更 12:36 レンタルサーバーの選び方 15:36 エックスサーバーに独自ドメインを設置 16:25 ヘテムルサーバーに独自ドメインを設置 17:10 ロリポップサーバーに独自ドメインを設置 17:53 SSL化の説明 20:10 ヘテムルサーバーに設置ドメインのSSL化について 23:01 ロリポップサーバーに設置ドメインのSSL化について 23:54 エックスサーバーにWordPressをインストール 26:06 ヘテムルサーバーにWordPressをインストール 27:03 ロリポップサーバーにWordPressをインストール 28:37 WordPressの管理画面に入れるか(エックスサーバー) 28:59 WordPressの初期設定 39:50 WordPressをSSL化されたURLに変更 40:16 テーマの変更 41:43 新エディタから旧エディタへ変更 42:52 記事の投稿 50:16 運営者情報の作成 52:03 サイトマップの作成 55:47 ヘッダー画像の設置 56:27 プラグインとは 57:10 最低限入れておいてほしいプラグイン 59:38 有料テーマと無料テーマの違い ▼KYOKOのオフィシャルサイト▼ ✅ ▼副業の学校▼ ✅ ▼KYOKOのライン@▼ ✅ 【無料登録特典】WEBライティングの基礎講座プレゼント中 【KYOKOのSNS】 ✨KYOKOのTwitter ✨KYOKOのFacebook ✨KYOKOのインスタグラムはこちら ✨KYOKOのTikTokはこちら ▼関連動画▼ エックスサーバー(XSERVER)にWordPress(ワードプレス)をインストールする一連の流れ ロリポップサーバー(LOLIPOP)にWordPress(ワードプレス)をインストールする一連の流れ ヘテムルサーバー(heteml)にWordPress(ワードプレス)をインストールする一連の流 ▼関連リンク▼ アフィリエイトサイトをWordPressで構築する方法|初心者にも出来る4ステップ #アフィリエイト #WordPress #ワードプレス
source

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Visit Us On FacebookVisit Us On Youtube